スマートフォンサイトはこちら

Home > 企業情報|岐阜放送 > 番組審議会

■番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は9名です。
テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。



平成28年 委員(敬称略)
<委員長> 岩田金治
<副委員長> 中村正
<委員> 山口勝司、小川二郎、大嶋主税、西村寿文、川本敏、土井信之、大澤伸司



583回 平成28年11月22日

【11月合評対象番組】 飛騨高山を語る〜80年の歩み そして、未来へ〜

放送日時:11月1日(火) 午後8時〜同8時30分

番組概要:11月1日に市制施行80年を迎えた高山市。これまでの歩みとこれから目指す姿を、過去の映像も加え国島市長が語る番組。


放送法に基づき、番組の向上を図るために開催される岐阜放送番組審議会が11月22日、岐阜放送本社で開かれ、岐阜放送からは森田順子社長らが出席し、11月1日に放送されたテレビ番組「飛騨高山を語る〜80年の歩み そして、未来へ〜」について審議した。

委員からは「構成の三本柱の映像、音楽、ナレーションが大変良くまとまっていた」や「高山の皆さんが誇りを持てる素晴らしい番組だった」などといった意見の一方で「若者などの色々な世代の人が登場して高山の魅力を伝えても良かったのではないか」などの提言があった。
 
出席者は次の皆さん
岩田金治、中村正、山口勝司、小川二郎、大嶋主税、川本敏、土井信之、大澤伸司