番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和4年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、澤村隆幸、鶴見幸城

第635回(令和4年3月23日)
合評番組 テレビ番組 「親子で学ぶ防災・減災」
内容

◆放送日時:2月17日(木) よる6時~6時15分

◆審議内容

放送法に基づき番組の向上を図るため、定期的に開かれる岐阜放送番組審議会が、岐阜放送本社で開かれました。2月17日に放送されたテレビ番組「親子で学ぶ防災・減災~災害への備え篇~」を視聴し、委員が意見を交わしました。

番組では、水害や地震など災害とはどういうものか知り、正しい防災知識を大学教授から学ぶものです。シリーズ3回目となる今回は、2組の親子が岐阜大学で地震のメカニズムや天気予報の仕組みを学ぶとともに海外の防災事情についても話し合いました。

委員からは「災害への備えは大切なことで多くの人に見てほしい」といった意見の一方、「一つのテーマをもっと深く掘り下げても良かったのでは」などの指摘がありました。

【出席者】
大橋和彦、平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子