番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和2年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、長谷川悟、奥田実

第626回(令和3年4月28日)
合評番組 テレビ番組 「ぎふサテ!チャリティースペシャル2021」
内容

◆放送日時:3月22日(月) ごご5時40分~6時25分

◆審議内容

放送法に基づき、番組の向上を図るため、定期的に開かれる岐阜放送番組審議会が4月28日、岐阜放送本社で開かれました。先月放送されたテレビ番組「ぎふサテ!チャリティースペシャル2021」を視聴して、7人の委員が意見を交わしました。

1976年から毎年放送している特別番組で、今年は「コロナ禍の中での支え合い」をテーマに、県内各地で地域貢献や福祉活動に取り組む団体などを紹介しました。

委員からは「テーマは良いが、団体の選考基準は何か」「視聴者の視点を忘れていたのでは。取り上げるべき団体についてもっとリサーチすべき」との指摘が出されました。また「ボランティア団体を紹介することは、活動に関わるほかの人の励みにもなる」との声もありました。

【出席者】
西村寿文、大橋和彦、平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、大塚直哉