番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和2年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、長谷川悟、奥田実

第614回(令和2年1月22日)
合評番組 テレビ番組「アートで岐阜を元気に!~ストリートアーティスト小川亮~」
内容

◆放送日時:1月1日(水) あさ9時15分~9時30分

放送法に基づき、番組の向上を図るため、定期的に実施される岐阜放送番組審議会が22日、岐阜放送本社で開かれた。
テレビ番組「アートで岐阜を元気に!~ストリートアーティスト小川亮~」について5人の委員に意見を聞いた。
型紙を使ってカラースプレーで壁画を描く安八郡安八町出身のアーティストを紹介した番組。「地元で活躍する人を掘り起して紹介する番組は、地域密着の岐阜放送ならでは」との意見のほか、「岐阜県を元気にしたいという本人の思いを、番組内でもっと表現できると良かった」などの指摘もあった。
このほか、ぎふチャンを見学で訪れた小学校5年生とその保護者を対象にしたアンケートの集計結果などについても報告をした。

【出席者】
中村源次郎、小川二郎、大橋和彦、長谷川悟、奥田実