番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和2年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、長谷川悟、奥田実

第604回(平成31年1月23日)
合評番組 テレビ番組「日本ハンドボールリーグ 飛騨高山ブラックブルズ岐阜×三重バイオレットアイリス」
内容

◆放送日時:1月14日(月) 午後6時55分~夜9時

放送法に基づき、番組の向上を図るために実施される岐阜放送番組審議会が23日、岐阜放送本社で開かれた。テレビ番組「日本ハンドボールリーグ 飛騨高山ブラックブルズ岐阜×三重バイオレットアイリス」について2人の委員に意見を聞いた。
女子リーグで上位を狙うブラックブルズの高山市での試合模様を録画中継したスポーツ番組。同リーグの中継は初めての取り組みで、委員からは「ハンドボールの迫力、魅力が伝わった」との意見の一方、「競技自体の解説を増やしてほしい」との要望も出された。

【出席者】
大橋和彦、平野昌彦