番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和2年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、長谷川悟、奥田実

第594回(平成30年1月24日)
合評番組 テレビ番組「夢の舞台~1部昇格への道~」
内容

◆放送日時:平成29年12月24(日) 午後9時~同9時55分

◆番組概要
 大垣ミナモソフトボールクラブのチーム発足から、支援企業・地域が
 一丸となり手にした日本リーグ1部昇格への道をたどる。

放送法に基づき、番組の向上を図るために開催される岐阜放送番組審議会が、1月24日に岐阜放送本社で開かれ、昨年12月24日に放送されたテレビ番組「夢の舞台~1部昇格への道~」について審議した。
委員からは「長期的でていねいな取材が生かされていた」や「1時間の長さを感じさせず、経過がよく説明されていた」といった意見のほか、「選手たちと地域のつながりをもっと掘り下げてほしかった」などの意見があった。

【出席者】
中村正、小川二郎、山口勝司、大橋和彦、水野昭人、大澤伸司