番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和3年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、澤村隆幸、大塚直哉

第592回(平成29年10月25日)
合評番組 テレビ番組「Station! 飛騨ウイーク」
内容

◆放送日時:10月9日(月)~13日(金)
      午後6時15分~同6時53分

◆番組概要
 政治、経済、スポーツ、文化、グルメ、ファッションなど、
 県民のみなさんの見たい、知りたい“ぎふ”の情報をお届けする
 ニュース情報番組。
 10/9~13の期間は毎日生中継で飛騨の情報をお届け。

放送法に基づき、番組の向上を図るために開催される岐阜放送番組審議会が、10月25日に岐阜放送本社で開かれ、10月9日(月)~13日(金)に放送されたテレビ番組「Station! 飛騨ウイーク」について審議した。
委員からは「飛騨の活気が身近に感じられた」や「認知度の低い観光地を知ることができた」といった意見のほか、「問い合わせ先などを明示してほしかった」などの意見があった。

【出席者】
中村正、小川二郎、山口勝司、西村寿文、大橋和彦、水野昭人、大澤伸司