番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和3年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、澤村隆幸、大塚直哉

第566回(平成27年3月25日)
合評番組 テレビ番組「Station!」内のコーナー「Turning Point~成功への分岐点~」
内容

◆放送日時:2月27日(金) 午後6時25分放送

◆番組概要
 県内企業が奮闘し、成功をつかみ取るまでを描いた番組。
 そのターニングポイントはどこにあったのか。経営者の声を元に
 その姿に迫る。

放送法に基づき、番組の向上を図るために開催される岐阜放送番組審議会が3月25日、岐阜放送本社で開かれた。
岐阜放送からは森田順子社長らが出席し、2月27日に放送されたテレビ番組「Station!」内のコーナー「Turning Point~成功への分岐点~」について審議した。
委員からは、「経営者が奮闘し、成功をつかみ取るまでが短い時間でわかりやすくまとめられていた」や「岐阜県の企業の元気な姿や成功例を描くことで、起業家でなくてもヒントになることがあった」といった意見の一方で、「長く続ける企画として欲しい」や「番組内のコーナーということで、次回の具体的な放送日程の紹介をした方がいい」など提言があった。

【出席者】
岩田金治(岩田時計舗会長)山口勝司(丸桂社長)小川二郎(岐阜信用金庫相談役)西脇哲也(トーエネック岐阜支店長)後藤一郎(岐阜市広報監)
【レポート提出】
桑田博之(全国農業協同組合連合会岐阜県本部長)川本敏(県広報課長)荻山博之(県社会教育文化課長)