番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和3年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、澤村隆幸、大塚直哉

第522回(平成22年10月27日)
合評番組 テレビ番組「飛騨國テレビ」
内容

放送法に基づき、番組の向上を図るために開催される岐阜放送番組審議会が27日、岐阜放送本社で開かれた。
岐阜放送からは杉山幹夫会長らが出席、テレビ番組「飛騨國テレビ」(毎週月曜日午後6時~同6時15分放送)について委員に意見を聞いた。
委員からは「地元の情報をきちんと分かりやすくまとめて紹介されていて、楽しく見ることができた」や「司会者は落ち着いた語り口で、内容もわかりやすく安心して見ていられる」といった意見のほか、「なぜ飛騨なのか、誰を視聴者に想定しているのかはっきりさせた方が良い」「視聴者が、もっと番組に参加できるような工夫が欲しい」などの提言があった。

【出席者】
山口嘉彦 川島政樹 千賀英治 鍋島寿 河田敏春 の各氏
【リポート提出者】
西部政子氏