番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和2年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、長谷川悟、奥田実

第489回(平成19年6月27日)
合評番組 テレビ番組「コスモスの行方」
内容

放送法に基づき、番組の向上を図るため開催される岐阜放送番組審議会が27日岐阜新聞社で開かれ、岐阜放送からは寺畠健社長らが出席し、テレビ特別番組「コスモスの行方」(5月31日午後9時~同9時54分放送)について意見を聞いた。
委員からは「解説がなくシンプルな形で鈴木しづ子の俳句を紹介しており、17文字の中で全てがいいつくされているのに感銘を受けた」「俳句を通して人間性が伝わってきた」「古老たちの証言など全体の構成もよく感激した」といった意見の一方、「再現映像の一部に不自然さを感じた」などの感想もあった。次回は7月25日に開催される。

【出席者】
杉山博文(岐阜女子大学理事長)田代久美子(伊藤青少年育成奨学会常務理事)しいの実(音楽家)水谷晃三(文渓堂会長)高橋泰之(安部日鋼工業社長)車戸美智子(画家・二科会会友)堀尾茂之(全国農業協同組合連合会岐阜県本部県本部長)宮田敏光(県社会教育文化課長)

【リポート提出者】
増田好則(県広報課長)