ニュース

  • ニュース一覧
  • 元自衛官候補生を起訴、氏名を公表 3人死傷陸自小銃発砲事件 岐阜地検

元自衛官候補生を起訴、氏名を公表 3人死傷陸自小銃発砲事件 岐阜地検

2023年6月、岐阜市にある陸上自衛隊の射撃場で隊員3人が小銃で撃たれ死傷した事...
小銃発射事件が起きた陸上自衛隊日野基本射撃場=岐阜市

 2023年6月、岐阜市にある陸上自衛隊の射撃場で隊員3人が小銃で撃たれ死傷した事件で、岐阜地検は28、岐阜家裁から逆送された元自衛官候補生の19歳の男を強盗殺人などの罪で起訴し、改正少年法の「特定少年」として氏名を公表しました。

 強盗殺人と強盗殺人未遂の罪で起訴されたのは、元自衛官候補生で住所不定・無職の渡邉直杜被告(19)です。

 渡邉被告は2023年6月14日、岐阜市の陸上自衛隊日野基本射撃場で、射撃訓練中に隊員3人に向けて小銃を発射し、2人が死亡し、1人が重傷を負いました。

 起訴状によりますと、渡邉被告は弾薬を奪おうとして3人を銃撃したということです。
  
 実名を公表した理由について岐阜地検の清水博之次席検事は「特定少年の健全育成や更生を考慮する一方で、事案の重大性や地域社会に与えた深刻な影響を考慮して公表する」と説明しました。

 岐阜放送では19歳の元自衛官候補生についてこれまで匿名で報じてきましたが、岐阜地検が「特定少年」として元自衛官候補生の氏名を公表しましたので、事件の重大性や社会的影響を踏まえ実名で報道します。

関連記事