テレビ

ぎふ県政ほっとライン

木曜 ごご6時53分
火曜 よる9時54分(再放送)

2019年12月放送

2019年12月5日(木)・10日(火)放送
 

豊かな自然に恵まれた岐阜県。その自然を生かし、県内ではさまざまな農畜産物が生産されています。中でもぎふを代表する農畜産物のひとつと言えば、「飛騨牛」。飛騨牛は、きめ細やかで柔らかく美しい霜降りが特徴で、オリンピック・パラリンピックに向けて首都圏でPRする「清流の国ぎふ おもてなし食材」にも選ばれています。今回の番組では、畜産農家を訪れ「飛騨牛」の魅力を紹介します。

出演者

【リポーター】森美紅


2019年12月12日(木)・17日(火)放送
ぎふの伝統文化を楽しもう~地歌舞伎勢揃い公演~

美しい衣装を身にまとい観客を魅了する「地歌舞伎」は、岐阜県を代表する伝統文化のひとつです。江戸時代に巡業などで地方に浸透した歌舞伎を地元の人が自ら演じて楽しむようなったことがその始まりとされています。岐阜県には歴史ある9つの芝居小屋が残され、30を超える地歌舞伎保存団体が各地で活動しています。今回の番組では、ぎふの地歌舞伎の魅力と、来年1月から7月に開催される「清流の国ぎふ2020 地歌舞伎勢揃い公演」を紹介します。

出演者

【リポーター】森美紅


2019年12月19日(木)・24日(火)放送
ひょうたんの魅力を世界に発信~ぎふの高校生の挑戦~

地元をはじめ多くの方を楽しませてきた大垣養老高校のひょうたんイルミネーション。その取り組みは国でも注目され、総務省からオリンピック・パラリンピックでの設置が提案されました。オリンピック・パラリンピックでは、ひょうたんイルミネーションとグリーンカーテンを組み合わせることで、訪れる方を楽しませるだけでなく暑さ対策の役割を果たすことが期待されています。その取り組みを成功させようと、県内の農業高校も連携・協力をしています。今回は、ひょうたんの魅力を世界に発信しようと頑張るぎふの高校生の取り組みを紹介します。

出演者

【リポーター】川村茉由


2019年12月26日(木)・2020年1月7日(火)放送
明智光秀ゆかりの地を巡る~可児市・御嵩町~

今大注目の明智光秀。岐阜県は明智光秀のふるさとといわれ、県内各地に光秀にまつわる伝承が残されています。そこで番組では、1月まで4回に分けて、県内の8つの市や町にある光秀ゆかりのスポットを紹介します。第2回目の今回は恵那市と大垣市にある光秀ゆかりのスポットを紹介します。

出演者

【リポーター】山口千景

番組概要

県政のホットな“情報”やホッとする“話題”をお届けする「ぎふ県政ほっとライン」。「清流の国ぎふ」マスコットキャラクター“ミナモ”とリポーターが県内各地を訪れ、ほっとな内容をわかりやすくお伝えする。<毎回、手話放送でお送りします>

【関連サイト】
 岐阜県庁ホームページ 県政広報番組「ぎふ県政ほっとライン」もご覧ください!

関連番組

バックナンバー

こちらもおすすめ