ニュース

  • ニュース一覧
  • 能登半島地震被災者を支援 JAぎふチャリティー販売会 岐阜市

能登半島地震被災者を支援 JAぎふチャリティー販売会 岐阜市

能登半島地震の被災者を支援しようとJAぎふは2日、岐阜市でチャリティー販売会を開...
募金をする来場者=2日午後、岐阜市長良福光、長良川国際会議場

 能登半島地震の被災者を支援しようとJAぎふは2日、岐阜市でチャリティー販売会を開きました。

 この販売会は、JAぎふの合併15周年を記念した組合員向けのイベントに合わせて開かれたものです。

 会場には、JAぎふ管内産のイチゴや山県ばすけっとで販売されている焼き菓子など約15品が並びました。

 また、職員が募金箱を持って義援金への協力も呼び掛けました。

 販売には、女子バレーボールチーム「JAぎふリオレーナ」の西條華子選手や栁沼優花選手も参加し、「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と声を掛けていました。

 JAぎふによりますと、売り上げの一部と寄せられた義援金は、日本赤十字社を通じて被災地に届けられるということです。

※JAぎふ 経営企画課 水野智也課長
 「今回多くの皆さんが集まるイベントがございましたので、そこで義援金、皆さんのおこころざしをいただいて、少しでもお役に立ちたいということで設置させていただきました。常日頃もJAぎふの直売所、支店の方にも募金箱を設置しておりますので、皆さんの思いを寄せていただけるとありがたく思います」

関連記事