ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜提灯の伝統工芸士、スマホで確定申告体験 岐阜市

岐阜提灯の伝統工芸士、スマホで確定申告体験 岐阜市

2月16日から始まる令和5年分確定申告に先立ち、岐阜市の宿泊施設で26日、伝統的...
確定申告を体験する岐阜提灯の伝統工芸士=26日午前、岐阜市元浜町、十八楼離れ「宿いとう」

 2月16日から始まる令和5年分確定申告に先立ち、岐阜市の宿泊施設で26日、伝統的工芸品・岐阜提灯の伝統工芸士が、スマートフォンからの確定申告書の作成を体験しました。

 この体験会は、自宅などからでもスマホで手軽に確定申告ができることを知ってもらおうと、岐阜北税務署が企画しました。

 岐阜提灯が展示された趣のある場所で、伝統工芸士の3人が確定申告書作成コーナーのページから手順に沿って操作していきました。

 源泉徴収票をカメラで読み取ることで、金額や支払者の情報が自動で記入され、細かい入力をすることなく申告書を作成することができます。

※岐阜提灯の伝統工芸士 松本秀代さん
 「私に本当にできるのだろうかと思いながら来たのですが、画面に沿って入力するだけだったので、本当に簡単でみんなにも勧めたいと思いました」

※岐阜北税務署 北川健司署長
 「源泉徴収票を自動で入力できるといった利便性も向上していますので、ぜひマイナンバーカードとスマートフォン、こういった℮-taxの申告をお願いしたいなと思っています」

 令和5年分の確定申告は2月16日から3月15日までです。

関連記事