ニュース

  • ニュース一覧
  • 高山市の荒城農業小学校で児童が豆腐づくりに挑戦

高山市の荒城農業小学校で児童が豆腐づくりに挑戦

高山市国府町のJAひだが運営する「荒城(あらき)農業小学校」で20日、年明け初め...
豆腐作りに挑戦する児童=1月20日午前、岐阜県高山市国府町八日町、荒城農業小学校

 高山市国府町のJAひだが運営する「荒城(あらき)農業小学校」で20日、年明け初めての授業が行われ、児童たちが栽培した大豆で豆腐づくりに挑戦しました。

 荒城農業小学校は飛騨地域の児童を対象に農家らを先生に1年を通して野菜の種まきや収穫などを体験します。

 授業では、飛騨地域の児童46人が参加して、水に浸した大豆をミキサーにかけたり大鍋で煮たりして、こし袋に入れて絞る豆乳づくりからはじまりました。続いて、絞りたての豆乳を温めて、石川県能登産のにがりを入れ、布を敷いた型枠に詰めてペットボトルの重石をのせ、20分ほど水抜きをしてから、水を張った容器に慎重に取り出してもめん豆腐を完成させ、早速試食しました。

 参加した男子児童
 「なめらかで柔らかくて美味しかったです」
 参加した女子児童
 「自分で作ったから、お店の豆腐より美味しかったです」

 なお、今年度最後の授業の「味噌づくり」と卒業式は2月17日に行われます。

関連記事