ニュース

  • ニュース一覧
  • 「三寺まいり」幻想的なろうそくの灯 女性ら着物姿で祈る 飛騨古川の伝統行事

「三寺まいり」幻想的なろうそくの灯 女性ら着物姿で祈る 飛騨古川の伝統行事

江戸時代から続く飛騨市の伝統行事「三寺まいり」が行われました。 三寺まいりは、浄...
三寺まいり=15日、飛騨市古川町

 江戸時代から続く飛騨市の伝統行事「三寺まいり」が行われました。

 三寺まいりは、浄土真宗の開祖・親鸞聖人の遺徳をしのぶ行事で、町内にある3つの寺を回ってお参りします。

 明治、大正時代には、長野県の製糸工場から帰省した若い女性が着飾って参拝し、男女の出会いの場になったことから縁結びの行事としても知られています。

 それぞれの寺を結ぶ通りには、高さ2メートルの雪像ろうそくが設置されました。

 日没とともに、観光名所の瀬戸川沿いでは着物姿の女性らがろうそくをともし、願い事の成就を祈って静かに手を合わせていました。

関連記事