ニュース

  • ニュース一覧
  • 子どもが幸せに暮らせるように 岐阜県瑞穂市が「こどもまんなか応援サポーター」を宣言

子どもが幸せに暮らせるように 岐阜県瑞穂市が「こどもまんなか応援サポーター」を宣言

瑞穂市は子どもが幸せに暮らせるよう地域全体で子どもたちを支える「こどもまんなか応...
宣言された「こどもまんなか応援サポーター」=4日午前、瑞穂市別府、瑞穂市民センター

 瑞穂市は子どもが幸せに暮らせるよう地域全体で子どもたちを支える「こどもまんなか応援サポーター」宣言をしました。

 これは、こども家庭庁が提唱する取り組みで、「子どもたちの意見を尊重し、健やかで幸せに成長できる社会を実現する」という趣旨に賛同した個人や自治体、企業などが宣言するものです。

 瑞穂市は家庭や子どもたちの支援充実を図るため2021年4月から子ども支援課を新設し、助産師による産後ケアや18歳までの医療費無償化などに取り組んでいます。

 瑞穂市の森和之市長は「各部署で政策を立て、健やかに成長できる環境づくりを推進していきたい」と話しています。

関連記事