ニュース

  • ニュース一覧
  • 三寺まいりを前に「雪像ろうそく」づくり始まる 岐阜県飛騨市

三寺まいりを前に「雪像ろうそく」づくり始まる 岐阜県飛騨市

岐阜県飛騨市古川町の伝統行事「三寺まいり」が15日に営まれるのを前に、夜に市街地...
雪像ろうそくの制作=8日午後、飛騨市古川町

 岐阜県飛騨市古川町の伝統行事「三寺まいり」が15日に営まれるのを前に、夜に市街地を照らす雪像ろうそくの制作作業が8日、始まりました。

 「三寺まいり」は、親鸞聖人の遺徳をしのんで、町内にある本光寺と真宗寺、それに円光寺の3つの寺をお参りするものです。

 飛騨市古川町の地場産市場ひだ跡地の駐車場では、観光協会の委託を受けた建築業者の作業員10人が「雪像ろうそく」の制作にあたりました。

 この日は、作業員が真っ白な雪に水を混ぜてシャーベット状にした後、高さ2メートルの木の枠に塩を混ぜながら詰め込んで固めていきました。

 飛騨市観光協会によりますと、15日の「三寺まいり」までに大小合わせて40本をつくる予定ですが、雪不足のため本数を変更するかもしれないと話しています。

関連記事