ニュース

  • ニュース一覧
  • 被害総額は約8億5000万円か 無登録で暗号資産などの金融商品を勧誘した疑い 66歳の会社役員の男を逮捕

被害総額は約8億5000万円か 無登録で暗号資産などの金融商品を勧誘した疑い 66歳の会社役員の男を逮捕

無登録で暗号資産などへの出資を勧誘したとして、岐阜県警は9日、岐阜市の会社役員の...
岐阜県警本部

 無登録で暗号資産などへの出資を勧誘したとして、岐阜県警は9日、岐阜市の会社役員の男を逮捕しました。

 金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで逮捕されたのは、岐阜市東金宝町の会社役員の男(66)です。

 警察によりますと、男は2019年11月から2020年7月までの間、無登録で暗号資産やFXへの勧誘をした疑いです。

 男は愛知県で開かれた投資セミナーで、知人2人にドイツやバヌアツ共和国の暗号資産投資運用事業などに出資すればリスクゼロで配当を受けることができるなどと投資話を進め、現金230万円を得ていたということです。

 調べに対し、男は容疑を否認しています。

 警察は押収した証拠品から、被害者は約680人、被害総額は約8億5000万円にのぼるとみて、捜査を進めています。

関連記事