ニュース

  • ニュース一覧
  • 高速バス事業はコロナ前の水準に 岐阜バスの瀧修一社長 新年の抱負語る「安全・安心を第一に」

高速バス事業はコロナ前の水準に 岐阜バスの瀧修一社長 新年の抱負語る「安全・安心を第一に」

岐阜乗合自動車の瀧修一社長が5日、岐阜放送本社を訪れ、新年の抱負を語りました。 ...
岐阜放送に来社した岐阜乗合自動車の瀧修一社長=5日午後、岐阜市橋本町、岐阜放送本社

 岐阜乗合自動車の瀧修一社長が5日、岐阜放送本社を訪れ、新年の抱負を語りました。

 瀧社長は創立80周年だった去年を振り返り、「地域の皆さんの支えが大変ありがたかった」と語りました。

 また、白川郷や高山行きといった高速バス事業がコロナ前の水準に戻っていることを明らかにしました。

※岐阜乗合自動車 瀧修一社長
  「バス事業でございますので、安全・安心を第一に。地域の皆さまの生活の向上と社会の発展に寄与するという経営理念のもと、また若手で作成した経営戦略、これに基づいて、引き続き事業展開をしてまいります」

関連記事