ニュース

  • ニュース一覧
  • 大垣共立銀行・境頭取「竜のように昇る年に」 新年互礼会で訓示

大垣共立銀行・境頭取「竜のように昇る年に」 新年互礼会で訓示

大垣共立銀行は4日、大垣市の本店で新年互礼会を開き、社員やグループ会社の役職員が...
職員に訓示する境敏幸頭取=4日午前、大垣市郭町、大垣共立銀行

 大垣共立銀行は4日、大垣市の本店で新年互礼会を開き、社員やグループ会社の役職員が新年の飛躍へ向け、結束を固めました。

 互礼会には、大垣共立銀行の社員やグループ会社の役職員ら約300人が出席しました。

 境敏幸頭取は、1日に発生した能登半島地震や2日の羽田空港での事故に触れ「災害などはいつ起きるかわからない。起きたときにどう対応するか考えていかないといけない」と気を引き締めました。

 一方でコロナ禍が明け、経済活動が回復しつつあるとして、ことしの干支である「辰」にかけ「ことしもお客さまと一緒にいろいろな挑戦をして竜のように昇っていける年になるように」と、訓示しました。

 その上で「ことしのキーワードは『オールウェイズ 変わらぬ想いで、明日を変える』。 みなさんが状況によって自分の頭で考え、自分を成長させ、活躍させられるのか期待しています」と締めくくりました。

※見出しの誤字を修正しました

関連記事