ニュース

  • ニュース一覧
  • 飛騨一宮水無神社で「かます開き」 初詣のさい銭数える 岐阜県高山市

飛騨一宮水無神社で「かます開き」 初詣のさい銭数える 岐阜県高山市

高山市一之宮町の飛騨一宮水無神社で4日、初詣のさい銭を数える年始恒例の「かます開...
初詣のさい銭を数える氏子ら=4日午前、高山市一之宮町、飛騨一宮水無神社

 高山市一之宮町の飛騨一宮水無神社で4日、初詣のさい銭を数える年始恒例の「かます開き」が行われました。

 4日は神社の氏子や金融機関の職員ら計7人が集まり、大みそかから3日までのさい銭を数えました。

 氏子らは、日付別に布袋に入れたさい銭をビニールシートの上に開け、紙幣と硬貨により分けて選別機で集計していきました。

 大みそかから正月三が日までの人出は、去年より3000人多い約6万人だったということです。

 飛騨一宮水無神社の牛丸大吾宮司によりますと、能登半島地震で被災した神社を支援するため義援金を集めるなどして神社本庁を通じた支援を検討しているということです。

関連記事