ニュース

特殊詐欺に注意! 年末年始は被害増加傾向

年末年始の時期は例年 特殊詐欺の被害件数が増える傾向があり、警察は注意を呼び掛け...

 年末年始の時期は例年 特殊詐欺の被害件数が増える傾向があり、警察は注意を呼び掛けています。

 警察によりますと、去年12月の特殊詐欺の認知件数は31件で、2022年の中では2番目に多い月でした。

 特殊詐欺の手口の内訳で見ると、インターネットに関連した未払いの料金があるなどとうそを言って、電子マネーカードで支払わせる架空料金請求詐欺が最も多くなっています。

 年末年始にかけてはお金を取り扱う機会が多く、犯罪に巻き込まれやすいということです。

 今年も12月に入り特殊詐欺の被害が相次いでいて、岐阜県警は12月上旬に「特殊詐欺警戒警報」を発令していました。

 警察では現金やキャッシュカードなどを求める電話を受けた際に、家族間ですぐ相談できる環境を作るほか、合言葉を決めるなどして対策を講じてほしいと呼び掛けています。

関連記事