ニュース

  • ニュース一覧
  • 大垣日大・阪口慶三監督 退任前最後の練習 ノックで締める

大垣日大・阪口慶三監督 退任前最後の練習 ノックで締める

年内で退任する大垣日大高校野球部の阪口慶三監督79歳が29日、神戸町内のグラウン...
阪口慶三監督=29日午前9時ごろ、神戸町

 年内で退任する大垣日大高校野球部の阪口慶三監督79歳が29日、神戸町内のグラウンドで2023年最後の練習に参加しました。

 阪口慶三監督は、東邦高校の監督を経て2005年に大垣日大の監督に就任すると、2007年の選抜大会では準優勝を果たしました。

 また、昭和、平成、令和の3つの元号での甲子園勝利や春夏通算40勝などさまざまな記録を残しました。

 29日午前9時ごろ、神戸町のグラウンドにユニフォーム姿で現れた阪口監督は、選手たちに退任前 最後のノックをしました。

 その後、キャプテンの木村海希選手から寄せ書きの色紙と花束を受け取り、最後に選手たちと記念撮影をしてグラウンドを後にしました。

※阪口慶三監督
「引退するという考えがわいて振り返った時に57年もやったなと本当にやり遂げたという満足感があって申し分ない」

関連記事