ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県代表・帝京大可児が初戦突破 大分の柳ヶ浦を2対1で下す 全国高校サッカー選手権

岐阜県代表・帝京大可児が初戦突破 大分の柳ヶ浦を2対1で下す 全国高校サッカー選手権

全国高校サッカー選手権2日目の29日、1回戦15試合が行われ、岐阜県代表の帝京大...
逆転ゴールを決めた松井空音=29日午後3時ごろ、埼玉県

 全国高校サッカー選手権2日目の29日、1回戦15試合が行われ、岐阜県代表の帝京大可児は大分の柳ヶ浦を2対1で下し2回戦に駒を進めました。

 5大会連続10回目出場の帝京大可児は18大会ぶり2回目出場の大分の柳ヶ浦と対戦しました。

 試合は前半27分、帝京大可児が柳ヶ浦のコーナーキックをクリアしきれず、こぼれ球に反応した中川喜之輔のボレーシュートで先制を許しました。

 前半を0対1で折り返すと後半14分、岐阜県大会で21得点を挙げた加藤隆成のシュートがゴール右下に決まり同点に追いつきました。

 流れをつかんだ帝京大可児は後半21分、松井空音のゴール右を狙ったコントールされたシュートが決まり、逆転に成功しました。

 その後もゴールキーパーの竹内耕平の好セーブなど堅い守りで得点を許さず、2対1で勝利し初戦を突破しました。 

 帝京大可児は31日の2回戦で佐賀東と対戦します。

関連記事