ニュース

  • ニュース一覧
  • ニセ電話詐欺で約7200万円被害 一度の被害額は令和以降県内最高額 岐阜羽島警察署

ニセ電話詐欺で約7200万円被害 一度の被害額は令和以降県内最高額 岐阜羽島警察署

岐阜羽島警察署管内に住む70代の男性がニセ電話詐欺で現金約7200万円をだまし取...
羽島警察署

 岐阜羽島警察署管内に住む70代の男性がニセ電話詐欺で現金約7200万円をだまし取られる被害に遭いました。一度の被害額としては、令和に入って以降岐阜県内で最も大きい金額です。

 被害に遭ったのは、岐阜羽島署管内に住む70代の自営業の男性です。

 警察によりますと、ことし10月、男性の自宅に総務省の関係者を名乗る男から「あなた名義の携帯電話番号が詐欺に使われている」などと電話がありました。

 その後、警察官や検事を名乗る複数の男から「口座も不正使用されている」「資産凍結を免れるには警察庁の調査口座に振り込む必要がある」などと電話やSNSで指示されました。

 男性は インターネット銀行の口座を開設させられ、そこから男らが指定した口座に複数回にわたって現金を振り込み、計約7200万円をだまし取られたということです。

 急に連絡が取れなくなったことを不審に思った男性が警察に相談し、詐欺被害に遭ったことが分かりました。

 警察によりますと、一度に7000万円を超える詐欺被害は令和以降 県内初で、SNSのメッセージからネット銀行に誘導する詐欺の手口も県内では初めてのケースと言うことです。

 警察がニセ電話詐欺事件として捜査しています。

関連記事