ニュース

  • ニュース一覧
  • 1キロ1万円の塩ブリも 高山市で年の瀬恒例の競り市 

1キロ1万円の塩ブリも 高山市で年の瀬恒例の競り市 

江戸時代から続く、年の瀬恒例の「塩ブリ」の競り市が23日、高山市で開かれました。...
競り市の様子=高山市問屋町、高山市公設地方卸売市場

 江戸時代から続く、年の瀬恒例の「塩ブリ」の競り市が23日、高山市で開かれました。

 飛騨地域では、大晦日の夜に縁起が良い出世魚のブリを食べて新年を迎える「年取り」の風習が残っています。

 高山市問屋町の公設地方卸売市場では23日、富山県の氷見産や北海道産の天然の塩ブリ10本が競りにかけられました。

 法被姿の競り人がブリを高々と掲げると、威勢の良い掛声と共に次々と競り落とされました。

 一キログラム当たり1万円で競り落とされる塩ブリもありました。

 市場関係者は「今年の塩ブリは脂の乗り、大きさ共にここ5、6年で最高に良く価格も例年並みでお得。ぜひ多くの方に食べてほしい」と話しています。

 市場では12月30日までに3000本の塩ブリの出荷を予定しています。

関連記事