ニュース

  • ニュース一覧
  • 自宅に母親の遺体放置したとして65歳の息子を逮捕 岐阜市

自宅に母親の遺体放置したとして65歳の息子を逮捕 岐阜市

岐阜市の自宅に母親の遺体を放置したとして、65歳の息子が20日、警察に逮捕されま...
岐阜北警察署

 岐阜市の自宅に母親の遺体を放置したとして、65歳の息子が20日、警察に逮捕されました。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは住居不定、無職の男65歳です。

 警察によりますと、男は、2023年9月下旬から10月15日までの間、岐阜市東島にある自宅の寝室に、当時87歳の母親の遺体を置き去りにして遺棄した疑いが持たれています。

 男は母親と二人で暮らしていて、10月15日に、自宅を訪れた親族が「母が死んでいた。警察に連絡をお願いします」との書き置きを見つけ、その後、寝室のベッドに横たわる母親を発見して110番通報しました。

 警察は行方が分からなくなっていた男を横浜市で発見し、20日逮捕しました。

 母親の死因は病死で、遺体に外傷はないということです。

 調べに対し男は容疑を認めていて、警察が動機や当時の状況を詳しく調べています。

関連記事