ニュース

  • ニュース一覧
  • リニア新幹線 品川ー名古屋間 工事完了時期は「27年以降」に 静岡工区の遅れで JR東海が認可申請

リニア新幹線 品川ー名古屋間 工事完了時期は「27年以降」に 静岡工区の遅れで JR東海が認可申請

 リニア中央新幹線の品川・名古屋駅間の設備工事などについて、JR東海は14日、工事の完了予定時期を遅らせて国に認可申請しました。静岡工区のトンネル工事の遅れが理由で、完了予定時期はこれまでの「2027年」から「2027年以降」に変更しました。

 今回の認可申請は、駅や車両基地などの工事実施計画をあらかじめ国土交通省に届け出るもので、これと合わせて工事の完了予定時期の変更を申請しました。

 申請では、静岡工区のトンネル掘削工事に未だ着手の見込みが立たない状況であることを踏まえ、完了予定時期を従来の「2027年」から「2027年以降」へと幅を持たせる形で変更しました。

 JR東海はこの変更について「27年の開業断念や開業を延期というわけではない」と説明しています。

 品川・名古屋駅間の工事実施計画は、2014年と2018年にそれぞれ用地や電気設備などの認可を受けていて、今回の申請でこの区間における申請はすべて完了したということです。

 変更の認可申請について、岐阜県の古田肇知事は「引き続き課題を一つ一つ丁寧に解決して、2027年以降のできるだけ早い時期での開業を目指していただきたい」とのコメントを発表しました。

関連記事