ニュース

  • ニュース一覧
  • 「仲間とともに精進します」帝京大可児高校野球部 春のセンバツ21世紀枠東海推薦校伝達式 岐阜県可児市

「仲間とともに精進します」帝京大可児高校野球部 春のセンバツ21世紀枠東海推薦校伝達式 岐阜県可児市

来年春の第96回選抜高校野球大会の21世紀枠東海地区推薦校に選ばれた帝京大可児高...
表彰状を受け取る小野田聡史郎主将=可児市桂ケ丘、帝京大可児高校

 来年春の第96回選抜高校野球大会の21世紀枠東海地区推薦校に選ばれた帝京大可児高校への伝達式が14日、可児市の学校で行われました。

 帝京大可児高校は近年、県内の大会で決勝に進むなど好成績を収め、甲子園出場まであと一歩のところまで来ていることや、文武両道を実践し高い進学実績を残していることなどが推薦理由に挙げられました。

 帝京大可児の東海地区推薦校選出は初めてです。

 伝達式では、県高野連の森川賢二会長から加藤昭二校長へ表彰状が手渡され、加藤校長から小野田聡史郎主将に伝達されました。

 森川会長は「日ごろの野球に対する姿勢が東海で評価された。今後も質の高い取り組み、努力を期待します」と激励しました。

 小野田主将は「責任の重さを感じています。仲間とともに大きく成長できるよう日々精進します」と決意を述べました。

 21世紀枠は、来年1月26日の選考委員会で、帝京大可児を含む全国各地区から推薦された9校の中から2校が選出されます。

関連記事