ニュース

  • ニュース一覧
  • お茶の味はどうかな? 園児が作法とおもてなしの心を学ぶ 岐阜市の幼稚園

お茶の味はどうかな? 園児が作法とおもてなしの心を学ぶ 岐阜市の幼稚園

日本の伝統文化やおもてなしの心に触れてもらおうと、岐阜市の幼稚園児らが13日、お...
お茶を楽しむ園児たち=13日午前、岐阜市水海道、岐阜東幼稚園

 日本の伝統文化やおもてなしの心に触れてもらおうと、岐阜市の幼稚園児らが13日、お茶の作法を学びました。

 この「お茶の会」は、岐阜市の岐阜東幼稚園で毎年開かれています。茶道 裏千家教授の山田宗広さんらが講師を務め、年長園児8人が参加しました。

 正座した園児らは 始めに、背筋を伸ばした美しいお辞儀の仕方を学びました。

 その後、おもてなし側の園児が山田さんらがたてたお茶を慎重に運び、客側の園児らは「ありがとうございます」と言ってお辞儀をし、作法を教わりながらお茶を味わいました。

 参加した園児らは「緊張した」や「楽しかったです」、「(お茶が)おいしかったです」などと話していました。

 ※茶道 裏千家教授 山田宗広さん
「将来(お茶を)やってもらえればそれに越したことはないです」

 園児らは2024年1月に、自分たちがたてたお茶を年中の園児に振る舞うということです。

関連記事