ニュース

  • ニュース一覧
  • 宅配物を盗んだ女性看護師を懲戒処分 岐阜県の大垣市民病院

宅配物を盗んだ女性看護師を懲戒処分 岐阜県の大垣市民病院

 11月、大垣市民病院に勤務していた看護師の女性が、病院の寮に届いた宅配物を盗み、逮捕された事件で、大垣市はこの看護師を12日付で停職4か月の懲戒処分にしたと発表しました。この看護師は12日付で依願退職しました。

 懲戒処分を受けたのは、大垣市民病院に勤務していた20代の女性看護師です。

 大垣市によりますと、この看護師は今年10月、病院の寮に宅配物として届いた女性医師のハンドクリーム1本と男性医師の乳飲料1箱を盗んだとして警察に逮捕されました。

 この看護師は、大垣簡易裁判所から窃盗罪で罰金30万円の略式命令を受け、納付しています。

 大垣市の石田仁市長は「市民の皆さまの信頼を裏切るような結果を招きましたことを深くお詫び申し上げます。今後二度とこのような不祥事を起こさないよう、職員の服務規律の順守を徹底し、信頼回復に努めてまいります」とのコメントを出しました。

関連記事