ニュース

  • ニュース一覧
  • 御嵩町とJR東海が適切に環境配慮 リニア工事残土処分場巡り町長が見解

御嵩町とJR東海が適切に環境配慮 リニア工事残土処分場巡り町長が見解

可児郡御嵩町の渡辺幸伸町長は、JR東海が町内に計画しているリニア工事の残土処分場...
リニア工事の残土処分場について話す渡辺幸伸町長=12日午前、御嵩町議会議場

 可児郡御嵩町の渡辺幸伸町長は、JR東海が町内に計画しているリニア工事の残土処分場に対し、環境保全の観点から見直しの要望が出されていることについて、JR東海とともに適切に環境配慮を行う必要がある考えを示しました。

 これは、12日に開かれた御嵩町議会の一般質問で、渡辺町長が明らかにしたものです。

 渡辺町長は、環境保護団体などが求めている計画の見直しについては、地元の理解を得ながら、町と町民がともに解決していかなければならないとし、「町とJR東海が適切に環境配慮を行うことが必要」と述べました。

 また、要望に盛り込まれている透明性と公平性を持った幅広い議論の場の確保については、計画の是非を検討する町の審議会が要望に応える形になっているとの認識を示しました。

関連記事