ニュース

  • ニュース一覧
  • 高校生が作品発表 PRポスター制作プロジェクト 「清流の国ぎふ」文化祭2024

高校生が作品発表 PRポスター制作プロジェクト 「清流の国ぎふ」文化祭2024

来年の秋に開催される「清流の国ぎふ」文化祭2024をポスターやアニメでPRするプ...
生徒が制作したポスター=12日午前、各務原市鵜沼各務原町、岐阜各務野高校

 来年の秋に開催される「清流の国ぎふ」文化祭2024をポスターやアニメでPRするプロジェクトに取り組んでいる岐阜各務野高校で12日、生徒が作成した作品の発表がありました。

 このプロジェクトは、「清流の国ぎふ」文化祭の公式ポスターの原画を岐阜各務野高校の不破彩心さんが描いたことがきっかけで、県と高校が連携して始めたものです。

 1年を通して第三弾まで作品を制作する予定で、今回は第二弾にあたるポスターを考案しました。

 この日は、2年生54人が一人ずつ自分の作品を発表し、大会総合プロデューサーの日比野克彦さんが講評していきました。

 日比野さんは「影の入れ方でより迫力を出すと良かった」とか、「自分の実体験を作品に落とし込めていた」など感想を述べました。

※大脇由羅さん
 「もうちょっとこだわるとより迫力が出ると講評いただいたので、次はそういうことにも気をつけて作品をつくっていきたいと思います」
※大脇亜実さん
 「自分の考えてなかったものを教えていただけるのですごく参考になるし、自分の作品にプラスできて、すごくいいなと思います」

 新たなPRポスターの作品は今年度中に決定し、県内の施設などで文化祭をPRしていくということです。

関連記事