ニュース

  • ニュース一覧
  • 100回記念の定期演奏会へ 岐阜県交響楽団が練習に励む 岐阜市で17日開催

100回記念の定期演奏会へ 岐阜県交響楽団が練習に励む 岐阜市で17日開催

岐阜県交響楽団は第100回記念の定期演奏会を12月17日に開催します。節目となる...
難しいとされる演目に挑戦し、練習に励む楽団員=9日夜、岐阜市芥見南山、岐響練習場

 岐阜県交響楽団は第100回記念の定期演奏会を12月17日に開催します。節目となるこの演奏会に向けて、団員たちは練習に励んでいます。

 ことし創立70周年を迎えた岐阜県交響楽団は、アマチュアのオーケストラではあるものの、地域に根差した本格的な演奏活動を続けてきました。

 17日に長良川国際会議場で開催する定期演奏会は、ちょうど100回目となる記念の演奏会になります。岐阜市芥見にある練習場には毎週土曜日に団員が集まり、熱のこもった練習を続けています。

 演奏する楽曲は、第1回公演でも披露したベートーベンの劇音楽「エグモント」序曲やラフマニノフのピアノ協奏曲第3番ニ短調などです。

 指揮は髙谷光信さん、ピアノは多治見市出身の古田友哉さんが務めます。

 コンサートマスターの名波八重子さんは「地域の皆さんに 感謝の気持ちと頑張っていることを伝える演奏にしたい」と意気込んでいます。

 第100回記念定期演奏会は、12月17日午後2時から長良川国際会議場で開催され、前売りチケットは一般 2000円、高校生以下は 1000円です。問い合わせは岐響事務局、電話 058(244)0150。

関連記事