ニュース

  • ニュース一覧
  • 51歳の団体職員の男が酒気帯び事故で準現行犯逮捕 大垣警察署

51歳の団体職員の男が酒気帯び事故で準現行犯逮捕 大垣警察署

9日午後、酒を飲んで車を運転し、安八郡輪之内町の堤防道路で乗用車同士の事故を起こ...
大垣警察署

 9日午後、酒を飲んで車を運転し、安八郡輪之内町の堤防道路で乗用車同士の事故を起こした団体職員の男が9日、道路交通法違反(酒気帯び運転)で準現行犯逮捕されました。

 逮捕されたのは羽島市福寿町本郷の団体職員(金融機関)日比野幹弘容疑者(51)です。

 警察によりますと日比野容疑者は酒を飲んで乗用車を運転し、9日午後3時55分ごろ、安八郡輪之内町福束の揖斐川右岸堤防道路で乗用車と衝突事故を起こし、通報で駆け付けた大垣警察署の警察官に酒の匂いを見つかり、飲酒検知の上、酒気帯び運転で準現行犯逮捕されました。いずれも同乗者はおらず、事故によるけが人はありませんでした。調べに対し日比野容疑者は容疑を否認しているということです。

関連記事