ニュース

  • ニュース一覧
  • 飛騨牛入りソーセージ使用の新商品 岐阜県高山市のホテルで提供

飛騨牛入りソーセージ使用の新商品 岐阜県高山市のホテルで提供

高山市のホテルが、インバウンド向けに岐阜の食材を使った期間限定のメニューを考案し...
飛騨牛のソーセージをパンにはさんだ「アソシアドッグ」

 高山市のホテルが、インバウンド向けに岐阜の食材を使った期間限定のメニューを考案し、人気を集めています。

 このメニューは、JR東海ホテルズが運営する高山市のホテルアソシア高山リゾートが、岐阜県の加工食品の利用拡大や認知度を高めることを狙いとして、県と県観光連盟の協力を得て考案したものです。

 期間限定のメニューは、飛騨牛入りソーセージを飛騨山椒入りのパンにはさんだ「アソシアドッグ」、高山市の美空野ファームで収穫されたリンゴを使用したタルトをメインにした「飛騨リンゴタルト カルダモンアイス添え」の2品目です。

 古田肇岐阜県知事らを招いた試食会が名古屋マリオットアソシアホテルで12月4日に開かれました。試食会では期間限定のメニューと揖斐川町春日地区の薬草を使ったクラフトコーラ「ぎふコーラ」が提供され、出席者が舌鼓を打ちました。

 古田知事は「飛騨牛の脂身を除き、今までにない味のソーセージ。独特の風味で、ぎふコーラにも合う」と感想を述べました。

 期間限定メニューは、ホテルアソシア高山リゾートで1月3日まで用意されています。

関連記事