ニュース

  • ニュース一覧
  • バドミントンS/Jリーグ岐阜大会 地元・丸杉の選手のプレーにファンが沸く

バドミントンS/Jリーグ岐阜大会 地元・丸杉の選手のプレーにファンが沸く

バドミントンのトップリーグS/Jリーグの岐阜大会が2日行われ、岐阜の丸杉は女子が...
女子ダブルス 小西・川添ペア(黒ユニフォーム)=2日午前11時ごろ、岐阜メモリアルセンター

 バドミントンのトップリーグS/Jリーグの岐阜大会が2日行われ、岐阜の丸杉は女子が3対0で勝利し、男子は1対2で惜しくも敗れました。

 バドミントンのS/Jリーグは男女各12チームがSブロック、Jブロックに分かれリーグ戦を戦い、各ブロックの上位2チームが優勝決定トーナメントに進みます。

 大会3日目の岐阜大会は岐阜市の岐阜メモリアルセンター・で愛ドームで行われました。

 男子の試合は第1試合で丸杉のダブルス後藤・石神ペアがゲームカウント1対2で落とすと第2試合のシングルの佐藤も敗れます。

 第3試合でダブルスの西川・安藤ペアが意地を見せるもセットカウント1対2で今季初勝利とはなりませんでした。

 通算成績は0勝3敗です。

 女子の試合では第1試合で小西・川添ペアがゲームカウント2対1で接戦を制すと、第2試合で古川がストレート勝ち、第3試合も内山・矢崎ペアが劇的な逆転勝利でセットカウント3対0で今季2勝目を挙げました。

 通算成績は2勝1敗です。

 次戦は10日、男子が三菱自動車京都と女子は再春館製薬所と対戦します。

関連記事