ニュース

FC岐阜最終戦白星で飾れず8位でシーズン終了

 サッカーJ3のFC岐阜はホーム長良川競技場で最下位のギラヴァンツ北九州に0対1で敗れ最終戦を白星で飾ることはできず、最終順位8位でシーズンを終えました。

 今季で現役引退の柏木、田中と生地、遠藤をスタメンに起用したFC岐阜はポゼッション高く、積極的にゴールを狙いますが、決められず前半は互いにスコアレスで試合を折り返しました。

 後半に入り柏木、田中、窪田らがシュートを放ちますが、GK田中の好セーブなど堅い守りに阻まれゴールをこじ開けられず、後半43分、北九州FW平山に頭で決められそのまま0対1で敗れ、最終戦を白星で飾ることはできませんでした。

 FC岐阜は通算14勝12分12敗、得失点差9、勝点54、最終順位は8位で今シーズンを終えました。

関連記事