ニュース

  • ニュース一覧
  • 伐採作業中に木の下敷きに ブラジル国籍の男性死亡 岐阜県白川村の山林

伐採作業中に木の下敷きに ブラジル国籍の男性死亡 岐阜県白川村の山林

1日午前、大野郡白川村の山林で木を伐採していた59歳の男性が、倒れた木の下敷きに...
高山署

 1日午前、大野郡白川村の山林で木を伐採していた59歳の男性が、倒れた木の下敷きになり、病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

 死亡したのは、ブラジル国籍で富山県南砺市のアルバイト、レアンドロ・カナシロ・アニジオさん(59)です。

 警察によりますと、レアンドロさんは1日午前9時ごろから大野郡白川村荻町の山林で、同僚2人と杉の木の伐採作業をしていました。チェーンソーで木を伐採していたところ、午前11時ごろ、倒れた木の下敷きになり、心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

 警察が当時の状況を詳しく調べています。

関連記事