ニュース

  • ニュース一覧
  • 鷹狩りのタカから鳥インフルエンザウイルス検出 カルガモ捕食して感染か 高病原性かどうかさらに調査 岐阜県

鷹狩りのタカから鳥インフルエンザウイルス検出 カルガモ捕食して感染か 高病原性かどうかさらに調査 岐阜県

海津市内で飼育されていた鷹狩り用のタカから鳥インフルエンザウイルスが検出され、県...
岐阜県庁

 海津市内で飼育されていた鷹狩り用のタカから鳥インフルエンザウイルスが検出され、県では1日から周辺区域での野鳥の監視を強化しています。

 鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは、海津市内で飼育されていた鷹狩り用のタカ1羽です。

 このタカは11月に岐阜市や大垣市などで野生のカルガモを捕らえて食べていました。その後、タカが体調を崩して死んだことから、検体を採取して検査したところ、鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

 県では、検出されたウイルスが病原性の高い危険なものかどうか、さらに調査を進めています。

 一方、県はタカが飼育されていた場所から半径10キロの範囲について野鳥の監視を強化し、1日からパトロールを実施しています。野鳥の大量死などがないかどうか確認するとともに、死骸を見つけたら県事務所や市町村役場に連絡するよう呼び掛けています。

関連記事