ニュース

  • ニュース一覧
  • 「税ってなんだろう?」 園児が紙芝居で学ぶ 岐阜北間税会

「税ってなんだろう?」 園児が紙芝居で学ぶ 岐阜北間税会

税を身近に感じてもらおうと岐阜市の幼稚園で30日、暮らしと税金をテーマにした紙芝...
紙芝居で税について学ぶ園児ら=30日午前10時ごろ、岐阜市

 税を身近に感じてもらおうと岐阜市の幼稚園で30日、暮らしと税金をテーマにした紙芝居の読み聞かせが行われました。

 これは、岐阜北税務署の関係民間団体の岐阜北間税会が開いたものです。

 30日は岐阜市の東海学院大学付属東海第二幼稚園の年長園児42人が、暮らしと税金がテーマの紙芝居の読み聞かせに耳を傾けました。

 紙芝居は、お菓子を買う時になぜ税金がかかるのかという疑問から始まり、ウサギやクマが税金のない世界を体験するというストーリーです。

 税金のない世界には公園や学校が存在せず、警察官に道案内をしてもらう時には料金が必要と聞いた園児からは驚きの声が上がっていました。

※園児
「すごい税金って大事なんだと思った」

関連記事