ニュース

  • ニュース一覧
  • 試験に打ち勝つ! 受験シーズン前に「かなうわバット」文字入れ 岐阜県下呂市

試験に打ち勝つ! 受験シーズン前に「かなうわバット」文字入れ 岐阜県下呂市

受験生に人気の祈願グッズ、下呂市の「かなうわバット」に文字を入れる作業が進められ...
文字を書き入れる発案者の河原良昭さん=22日、下呂市野尻

 受験生に人気の祈願グッズ、下呂市の「かなうわバット」に文字を入れる作業が進められています。

 このバットは、ヒノキの間伐材から削り出した、長さ30センチほどのミニバットです。

 グリップに巻かれた輪が落ちない構造になっていて、試験に「絶対落ちない」、難題に「打ち勝つ」縁起物として、受験生に人気があります。

 バットの発案者で文字入れを一手に担う河原良昭さんが自宅で、「合格」や「夢」、「幸せ」など6種類のバットを並べ、「合格かなうわ」と一文字ずつ思いを込めて書き入れていました。

※バットの発案者 河原良昭さん
 「受験生の念願が突破できるように、心を込めて書いております」

 かなうわバットは、1本3100円(税込)で下呂温泉合掌村で販売され、12月2日と17日、2024年1月6日と13日には、バットに無料で名前を書き入れるサービスが行われます。

関連記事