ニュース

  • ニュース一覧
  • 団交の場で「パワハラ行為」 部下の頭をペンでたたく  岐阜県職員組合が抗議

団交の場で「パワハラ行為」 部下の頭をペンでたたく  岐阜県職員組合が抗議

県職員でつくる県職員組合は24日、県との団体交渉の場で、幹部職員が部下の頭をペン...
岐阜県庁

 県職員でつくる県職員組合は24日、県との団体交渉の場で、幹部職員が部下の頭をペンでたたくパワーハラスメント行為があったと明らかにしました。

 組合によりますと、パワハラ行為があったのは、県の副知事や幹部職員と組合との間で行われた団体交渉の場で、22日に開かれた交渉の最中、県の部長職の幹部が部下の職員を呼び寄せたあと、持っていたペンで頭を1回叩いたということです。

 この幹部は県のパワハラ対策も担当しています。

 この行為について組合は、パワーハラスメントであり、相手を侮辱する行為だとして抗議し、原因の究明や厳正な対応などを求める要請書を古田肇知事に提出したということです。

 組合からの抗議を受け、県の担当者は「団体交渉終了後に本人から部下に対して強い指導をしたと報告があった」と説明。県は24日から調査をはじめ、結果については速やかに公表するとしています。

関連記事