ニュース

和装文化の継承へ 岐阜市で着物の着方講習会

和装文化の普及に取り組む「NPO法人 和の未来」が23日、岐阜市で着物の着方講習...
着物の着方を学ぶ受講者=23日午後、岐阜市金町、岐阜市文化センター

 和装文化の普及に取り組む「NPO法人 和の未来」が23日、岐阜市で着物の着方講習会を開きました。

 この催しは「NPO法人 和の未来」の実行委員会などが日本の和装文化の継承と着物文化の魅力を発信しようと開いたものです。

 岐阜市文化センターで行われた講習会には、男女合わせて60人余りが参加しました。

 講師が実演を交えて着物を着る手順を説明し、受講者は着崩れしないこつや帯の結び方などを習いました。

 また、会場には屏風と照明を設置した写真撮影コーナーが設けられ、受講者が記念撮影をして楽しんでいました。

 ほかにも、大正時代・昭和時代の帯や着物約30点が展示され、受講者の目を引いていました。

 和の未来の安田多賀子理事長は「和装伝統を重んじながら、新しい文化を創造していきたい」と話しました。

関連記事