ニュース

  • ニュース一覧
  • 「街の進化のシンボルに」自動運転バスのデザインを公開 岐阜市

「街の進化のシンボルに」自動運転バスのデザインを公開 岐阜市

岐阜市は、11月25日から継続運行を開始する自動運転バスのデザインを公開しました...
公開された自動運転バスのデザイン=22日午前、岐阜市役所

 岐阜市は、11月25日から継続運行を開始する自動運転バスのデザインを公開しました。

 岐阜市では2019年度から自動運転バスの走行実験を段階的に行っていて、11月25日からは市中心部などで3台が継続的に運行します。

 自動運転バスは赤色を基調とし、愛称は「GIFU HEART BUS」に決まりました。

 数多くの公共交通のデザインに携わる水戸岡鋭治さんが手掛け、地域のアイデンティティーを洗練された形で表現し、岐阜のまちが変わろうとする進化のシンボルになってほしいとの思いを込めたといいます。

 柴橋正直市長は「市の新たな公共交通が動き始める躍動感にあふれている」と期待を寄せました。

 自動運転バスの運行は2028年3月末までで、JR岐阜駅から市役所までの中心部ルートと岐阜公園や川原町などを周遊する岐阜公園ルートで運行されます。

関連記事