ニュース

この冬一番の寒気 岐阜県内も大雪に注意

日本の上空にはこの冬一番の強い寒気が流れ込み、岐阜県内でも山間部を中心に大雪とな...
高山市内の様子=24日、高山市

 日本の上空にはこの冬一番の強い寒気が流れ込み、岐阜県内でも山間部を中心に大雪となり平野部でも積雪が予想され、注意、警戒が必要です。

 24日は低気圧が発達しながら東に進み25日にかけて冬型の気圧配置が強まります。

 東海地方の上空約1500mには氷点下15度以下の強い寒気が流れ込む見込みで、岐阜県内では25日朝にかけて山間部を中心に大雪の可能性があり、同じ場所に雪雲が流れ込み続けた場合は西濃の平野部でも警報級の大雪の恐れがあります。

 25日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多いところで美濃地方の山間部で 60センチ、飛騨地方の山間部で 70センチ、美濃・飛騨の平野部で30センチとなっています。

関連記事