ニュース

  • ニュース一覧
  • 最高級の干し柿はどれだ?岐阜県美濃加茂市で「堂上蜂屋柿」の品評会 

最高級の干し柿はどれだ?岐阜県美濃加茂市で「堂上蜂屋柿」の品評会 

美濃加茂市特産の高級干し柿「堂上蜂屋柿」の品評会が19日、美濃加茂市で開かれまし...
高級干し柿「堂上蜂屋柿」=19日午前、美濃加茂市太田町、シティホテル美濃加茂

 美濃加茂市特産の高級干し柿「堂上蜂屋柿」の品評会が19日、美濃加茂市で開かれました。 

 「堂上蜂屋柿」は白い粉を上品にまとい、あめ色の果肉にとろっとした食感で自然な甘さが特徴です。

 品評会は生産者でつくる市堂上蜂屋柿振興会が加工技術や品質の向上を目的に毎年開催しています。

 19日はJAめぐみのの関係者らが色や形、表面の粉の吹き具合などを審査し、出品された46点から10点を選び、順位を付けました。

 審査の結果、最高位の県知事賞には春見弘文さんが選ばれ、「長年多くの人に指導を仰いで作り続けてきた。とってもうれしい」と笑顔で喜びを語りました。

 なお、品評会で入賞した10点は、20日愛知県の名古屋市中央卸売市場で堂上蜂屋柿としては初めて競りにかけられます。

※美濃加茂市堂上蜂屋柿振興会 坂井道夫会長
 「初めてこういう形で全国デビューするような形になるんですけど、今からドキドキしています。その瞬間を。不安といいますか、喜びといいますか、こういう場に出られるということは本当に高く評価しています」

関連記事