ニュース

  • ニュース一覧
  • 新しい岐阜県庁で防災訓練 内陸直下型地震を想定 関係機関が連携確認 

新しい岐阜県庁で防災訓練 内陸直下型地震を想定 関係機関が連携確認 

1月に開庁した岐阜県の新しい庁舎で18日、大規模地震の発生を想定した防災訓練が行...
訓練で被害情報を集約する関係者ら=18日午後、岐阜県庁

 1月に開庁した岐阜県の新しい庁舎で18日、大規模地震の発生を想定した防災訓練が行われました。

 新しい庁舎では、5階を危機管理フロアとしていて、前の庁舎では分散していたスペースをまとめて広さも約2倍になりました。

 訓練は、マグニチュード7.3の内陸直下型地震が発生し、中濃地域を中心に甚大な被害が発生したとの想定で行われ、90の関係機関からリモートを含め約450人が参加しました。

 ワンフロアとなったことで、被災情報の集約や被災者支援など13あるチームの連携などがスムーズになったということです。

 古田肇知事は「安全安心な県民の暮らしを守るため、災害対策の中枢拠点として新庁舎の機能が十分発揮できるよう、全職員一丸となって努力してもらいたい」と述べました。

 県では今後、年に数回、訓練を行い職員の対応能力の向上を図るとしています。

関連記事