ニュース

  • ニュース一覧
  • 地元産のリンゴがたっぷり 岐阜県高山市久々野町でアップルパイの製造が最盛期

地元産のリンゴがたっぷり 岐阜県高山市久々野町でアップルパイの製造が最盛期

地元産のリンゴをふんだんに使ったアップルパイの製造が岐阜県高山市久々野町で最盛期...
地元産のリンゴをふんだんに使ったアップルパイ

 地元産のリンゴをふんだんに使ったアップルパイの製造が岐阜県高山市久々野町で最盛期を迎えています。 

 このアップルパイは高山市久々野町の道の駅「飛騨街道なぎさ」で冬季限定で販売されていて、4個以上のリンゴがぎっしり詰まっているのが特徴です。

 製造しているのは果樹農家の女性でつくる「果りん桃クラブ」です。

 砂糖を控えめにして煮たリンゴの実をパイ生地に豪快に載せるなどした長さ約25センチ、太さ約10センチのアップルパイの焼き上げ作業が最盛期を迎えています。

 製造、販売は2月下旬ごろまでです。

 混雑を避けるため、電話や店頭での予約販売のみとなっています。

関連記事